ご利用のブラウザでは、本サイトが正常に動作しない場合がございます。本サイトを、正常かつ快適にご利用いただくために、以下をブラウザ推奨環境としています。

Windows
IE9.0以上
Firefox最新版
Chrome最新版
Macintosh
Safari最新版
Firefox最新版
Chrome最新版

美味しいホットサンドの作り方〜外はカリッ!中はホクホク!〜

コラム

ホットサンドで極上の朝ごはん

お天気のいい週末の朝、思い立ったようにホットサンドを作りたくなります。
挟む具材は冷蔵庫にある食材を自分好みでチョイス。
ホットサンドメーカーを取り出して、食パン、具材(チーズがあると尚いい!)、食パンの順に重ねたら一気に挟んで直火で焼き上げます。香ばしい食パンの香りがしてきたら裏面も同様に焼いて出来上がり。こんがりとした焼き目と香ばしいパンの香りに食欲がむくむくと湧き上がります。それを淹れたてのコーヒーと一緒に我が家の小さな庭で子供と一緒に味わうのが私にとっての極上の朝ごはんです。
パンは焼くことによって香ばしさや食感が変化して、ぐーっと美味しいものになる気がします。パンの種類や焼き加減によっても香ばしさが変わるのも楽しいところです。

“ホットサンド”の作り方はとっても簡単。ホットサンドメーカーにパンと具材を挟んで焼くだけです。そんな誰でも簡単に作れる“ホットサンド”ですが、こだわりを持って作るとまったくもって別物のスペシャルメニューにもなったりもします。朝ごはんだけじゃなく、軽食として、ランチとして、おやつとして、時にはディナーにも。今回はそんなホットサンドの基本の作り方から、ボリューム満点!ごちそうホットサンドの作り方、おやつにもなるスイーツホットサンドまで様々なレシピをご紹介します。

パンのこと

レシピのご紹介の前に、私がホットサンドを作る時にちょっとこだわる「パン」のことについてのお話しを少し。一口にホットサンドと言ってもパンの種類もたくさんあってどんなパンを使えばいいの?とお悩みの方も多いと思います。私も中に挟む具材によってパンの種類を変えていることも…。ちょっと甘い系の具材を挟む時は、中の具に負けないような、しっかりとしたハードパンやライ麦が入ったパンなんかがオススメです。トマト、チーズ、ハムなどの定番の具材の時にはあえて全粒粉の食パンを使って具材と風味が引き立つようなパンを選んだりもします。
また、挟む具材のボリュームが多い時には8枚切り、少ない時には6枚切りにするなど、具のボリュームでパンのスライスを変えるのもオススメです。皆様もいろいろなパンで試してみて下さいね。

基本のホットサンド『アボカドとトマトとベーコンとチーズのホットサンド』

アボカドとトマトとベーコンにチーズを挟んだ間違いのない絶品の組み合わせです。
ホットサンドメーカーで焼くと中に挟んだチーズがとろ〜りとろけて、とにかく美味しく仕上がります。お家での朝ごはんはもちろんのこと、キャンプでの朝ごはんにも食べたくなるホットサンドです。→→→レシピはこちらからどうぞ

ボリューム満点! 『具材たっぷりボリュームホットサンド』

紫キャベツやゆで卵、アボカドに蒸し鶏を入れた、ボリュームたっぷりのホットサンドです。そこにカレー風味のマヨネーズを少々。カレー風味が食欲をそそり、ついつい沢山食べたくなる、そんなレシピです。
「こんなにボリュームがあって挟めるの?」と思うかも知れませんが、Ricke(リッケ)キラキラホットサンドメーカーならたっぷりの具材もなんのその。ちゃんと挟んで焼くことができますよ。
紫キャベツやゆで卵などの具材はパンからはみ出さないように中央にのせて焼きましょう。焼き上がったら、ななめに入ったガイドライン上で切ると、断面の色が出てとても綺麗ですよ。
→→→レシピはこちらからどうぞ

おやつにもなるスイーツホットサンド 『ティラミス風ホットサンド』

コーヒーのほろ苦さといちごの甘酸っぱさが絶妙なティラミス風のホットサンドです。食パンを使っているとは思えないほどの贅沢な味わいで、まるでケーキを食べているかのような本格的な味わいです。お好みでクリームにリキュールをちょっと加えると、さらに風味とコクが増して美味しいですよ。お客様が来る時や、誕生日パーティー、クリスマスやバレンタインなどのハレの日スイーツとしてもオススメのレシピです。
→→→レシピはこちらからどうぞ

アレンジメニュー1『ホットケーキミックスで簡単ケーキ』

ホットサンドメーカーの使い道はトーストだけじゃないんです…。
市販のホットケーキッミクスにチョコレートや、ナッツ、ドライフルーツなど
好きな具材をたくさん入れて焼き上げれば、とっても簡単でおいしいパンケーキの出来上がり!きつね色の焼き目をつけて焼き上げれば、こんがり美味しいベイクドケーキの出来上がり。スクエアに切ってワックスペーパーなどで可愛くラッピングすれば、手土産にもぴったりな一品です!
→→→レシピはこちらからどうぞ

アレンジメニュー2 『りんごと生ハムのオープンサンド』

りんごの甘酸っぱさと生ハムがマッチした爽やかなホットサンドです。
ホットサンドというと、パンを2枚使って挟むイメージが強いのですが、パン1枚でオープンサンドなども作ることができます。わざわざオーブントースターを使わなくてもRickeのキラキラホットサンドメーカーにパンをのせて焼くだけで、簡単に素早く作ることができますよ。
カマンベールチーズは焦がすとりんごが隠れてしまいますので、溶かす程度がおいしいくできるポイントです。
→→→レシピはこちらからどうぞ

Ricke(リッケ)のキラキラホットサンドメーカーはここがすごい!

Ricke(リッケ)キラキラホットサンドメーカーにはこだわりのポイントがいっぱい。そんなこだわりをご紹介します。

①外はサクサク、中はふんわり。

ガス火で加熱することで、パンの表面はサクッとした食感に、中身はふんわりとした食感に仕上がります。

②焼印がとにかくキュート

パンを焼くと、Ricke(リッケ)のロゴやお星様、雲やリスなど様々な模様が浮かび上がってとにかくキュートです。こんがりと綺麗な焼き目がついたら上手に焼けた合図にもなっています。

③子供でも持てる重さ

本体はアルミ素材で軽くて丈夫。本体は370gと500mlのペットボトルより軽いので小さな子供でも扱いやすい重さです。※必ず保護者の方が付き添ってくださいね。

④お手入れが簡単

本体の内面には「ふっ素樹脂加工」が施してあるので、汚れ落ちが簡単です。また、本体が2つに分解できるので、連結部分に溶け出したチーズなどもきれいに洗うことができるのも嬉しいポイントです。

合わせて欲しい!ホットサンドの必需品

ホットサンドを作るとき、食べるとき、どんな道具を選べばいいのか分からない…。そんなお悩みのある方へ『基本のブレッドナイフや木のプレート』をご紹介します。

ホットサンドのためのナイフは専用のブレッドナイフで決まり!

Ricke(リッケ)ブレッドナイフは食パンを食べる機会が多い日本人の食生活に合わせて、刃の部分が普通のブレッドナイフよりも半分くらい短く作られています。その短さのおかげで、小さいまな板や狭いスペースでもとても快適に使用することができます。また、専用のケースもあるので、キャンプやピクニックなどで外に持ち運んで使う時にも安全でとっても便利です。金物の町、新潟県燕三条にある工場で職人さんが一人一人手作りで作っているので切れ味も抜群です。

切ってのせて食べる。全部ができる一石二鳥の便利なプレート

Ricke(リッケ)シートまな板と木のプレートは、焼いたホットサンドをシートまな板で切って、木のプレートにのせて食べることができる便利なアイテム。セットになっているのでこれ1つで調理〜食べるまでできちゃいます。こちらも燕三条の工場で丁寧に作っています。

Ricke(リッケ)キラキラホットサンドメーカーーはもちろん、合わせてあると便利なアイテムもチェックしてくださいね!

ac0e037a35c7169d6a0da429b4f04550.jpg
記者:松岡 真希

マクロビオティックス・コンシェルジュ。 3人の子供を持つ働くママです。 忙しい時間の中で作れる簡単で美味しいごはん作りを心がけています。 オーガニックを中心に心と体が豊かになる暮らしを大切にしています。週末はキャンプや登山、海など外のアクティビティに出かけて外ごはんを楽しんでいます。